オブザーバーブロックの大革命!

2016-11-12_18-26-58

今回はオブザーバーブロックについて。その基本とTips、さらに応用も動画としてくっつけてみました。カボチャの自動農場です。個人の備忘録的な側面も強いですが、ぜひともご活用ください。(※この内容はVer1.11 pre1に準じています)

オブザーバーブロックとは

オブザーバーブロックはVer1.11にて追加のブロックです。

既にある程度レッドストーン回路に触れている方向けに一言でいえばBUDブロックです

ブロックの「更新」を検知することができるブロックで、例えばサトウキビが伸びる、カボチャが実る、ブロックを置く、とりのぞく、ピストンが・・・とにかくブロックの様々な「変化」を検知することができるブロックです。実はBUDよりも検知する事柄は多かったりします(フェンスゲート、羊が草をはむなども、コメント欄よりご指摘を受けましたので追記しました)

どうやって使う?

『検知面』と『出力面』

2016-11-12_18-26-58

オブザーバーブロックには『検知面』と『出力面』があります。上の画像で左の顔のような面が『検知面』です。ちなみに上から見ると矢印のような三角形がついてあり、この先が信号を出力する方向を示しています。

オブザーバーブロックを使うときは『感知面』を変化を検知したいブロックに向けて横付けします。ブロックが変化すると、『出力面』側から信号が出るので、それをレッドストーンパウダーなどでキャッチします。

2016-11-12_18-54-59

この場合はオブザーバーブロックの前の氷ブロックが空気ブロックに『更新』されたので信号が出力されているわけですね。

信号の受け渡し

出力面から信号を受け取るには

レッドウストーンパウダーも

2016-11-12_19-20-13

リピーターも

2016-11-12_19-20-28

そしてブロックを介しても受け取ることが可能です。

2016-11-12_19-20-54

これはリピーターの先のブロックが信号源になるのと同じです。出力面の前のブロックは信号源化する。重要です。

簡単な応用:サトウキビの自動農場

一番簡単な利用法はサトウキビの自動農場です。(カボチャなどはすこしややこしい)

ここではあまり詳しい解説は載せませんが、例えば次のような形にすると、3段目まで育ったサトウキビを検知し、2段目・3段目を収穫することができます。

2016-11-12_19-11-42

3段目のサトウキビが伸びるところに向けてオブザーバーブロックを設置。
2016-11-12_19-11-49

オブザーバーブロックからブロックへ信号を渡します。この形にすると個々のサトウキビに、対応する1つのピストンだけが作動するようになります。

準接続やBUDそのものの仕組みを知っていないといけないので実はちゃんと理解するには敷居が高い?

知っておいたほうがいい性質と使い方

ぱぱっとした紹介だけ。

パルス長は粘着ピストンの「引きはがし」が起きる長さ

2016-11-12_19-30-07

2016-11-12_19-30-08

ピストンで動かせ、ピストンで自分が動いたときも出力

2016-11-12_19-31-47出力面が光っているのに注目です。

パルサー

個人的にもっとも使いやすいと思う使い方です。粘着ピストンと組み合わせ

2016-11-12_19-38-42 2016-11-12_19-38-44

ON検出

2016-11-12_19-39-02 2016-11-12_19-39-03

OFF検出

ピストンを介さなければON/OFF両検出です

2016-11-12_19-39-51

 

以上、オブザーバーブロックについてのまとめでした!

 

応用2カボチャの自動農場

検知・それからパルサーを利用して、カボチャの自動農場ユニットを作ってみました。非常にシンプルかつコンパクトな仕組みになってますのでぜひとも作ってみてください!